読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんいん! #contents-incubator

知りたい情報、ちょっとディープに。

【レビュー追加注意】DX超合金 VF-31J ジークフリード 肩がカタい!!

紹介したいコンテンツがなかなか消化できない中、ほぼ検索のみにて毎日一定水準のアクセスを頂き、ほあっ!?とかなる今日この頃(ナズェミテルンディス!!)

 

別にレビューメインでもないので画像とかかなりやっつけ感あるのですけど、「ちょ見ないで~」な感じ(^^;) ・・・次はがんばるっ。

 

それはともかく、内容見てみると普通にレビュー探してる人がメインだけど、どうも「右肩」とか「肩関節」で検索してる人が一定数いるようで。

 

あー、確かにこのシリーズ割と肩がネックだしな~(肩なのにネックとな)、と思ったので、当方でも気づいた点を幾つか。集合知に貢献できれば幸いです(^^)

 

やっぱり肩はカタい

f:id:contents-incubator:20161219002717j:plain

たぶん、みんなが気にしているのは主翼下面から腕ユニット引き出すときのことだと思います。自分もめっちゃ硬かったです。

 

ちょっとずつ力を入れてみたけど、緩まる素振りも見せないので・・・最終的には説明書の写真を見まくって、この部分をこちらに動かすので間違えない!と確信した上で最後まで力を入れ続け(一気にではなく、徐々に力を強める)、最終的にジークさんが折れてくれた次第です(パ、パーツが折れたわけじゃないよ?気合の話だよ?)

 

ただ、聞いてると右肩のパターンも左肩のパターンも散見するので・・・。

 

自分の印象としてはどちらも同様に硬かった。

たぶん、一回どちらかの関節を動かすことに成功したので、同様にやればよい、という安心感が生まれるんじゃないでしょうか?(適当予想)。自分も割とそういう感じでした。

 

 

ガンポッドの着脱も硬い

f:id:contents-incubator:20161219002750j:plain

これから

f:id:contents-incubator:20161219002757j:plain

これを外すときもめっちゃ硬かった・・・。

 

何が怖いって、抜けること自体は見ればわかるんですけど、接続部が銃身後方(グリップより後ろのユニット)の一点なので。

 

普通に銃身もって力かけるとてこの原理で過大な力がかかっちゃって、破損しないか心配でした。

 

なるべく回転方向の力(モーメント)にならないよう、接続部付近を持ってゆっくりじっくり・・・けど最終的には覚悟を決めてフンッ!!でしたね。

 

ツメでガッチリ固定しているわけですが、これが緩んできちゃうとファイター時には下向きなので容易にポロリしちゃうなーという恐れも・・・(コワイヨー

 

怖い人はマルチパーパスコンテナユニットにつけたままジムキャノンっぽく遊んであげればいいんじゃない?とかな(シレッ

 

MG 1/100 RGC-80 ジム・キャノン

MG 1/100 RGC-80 ジム・キャノン

 

 

 

主翼付け根と肩ユニットのこすれ

f:id:contents-incubator:20161226041114j:plain

ここ、説明書でも注意されてたんですけどね・・・自分もやらかしてしまいましたわ。

 

どっちかというと、ファイター⇒バトロイドよりバトロイド⇒ファイターの方が危険。

 

前者は十分に主翼を展開してから肩を引き出そうとするのであまり擦れるケースはないと思うのですが、後者は主翼が若干開いてる状態で無理やり押し込めば入ってしまうので。この過程で知らぬ間に擦れるケースが危惧されます。注意されたし。

 

 

 

股間カバーの引出しもやりづらい

f:id:contents-incubator:20161226041839j:plain

(流用拡大なので画像荒くてスマソ)

これも説明書に明記されてますが、股間のカバーも引出すときにちょっと心許ない。

 

何かっていうと、指で掴んで力を入れるのに適した部分が少ないのですね。

ピンが深く食い込んでいる辺りでもあるので、各方向から気持ちちょっとずつ浮かせてあげて下さい。それでも全然外れる気配はないので、最後はヒンジの回転運動ではなく、ピンを引き抜く横スライド(平行移動)の気持ちで力をかけてあげるとよいです。

 

ただ、これも最終的には回転運動であることに変わりないので、勢い余ると最悪ヒンジがバキッ!!と行く可能性もあるので力任せにはやらないでねっ

 

 

 

 

 

そんなわけで、自分の記憶にあった危険箇所を幾つか列挙してみました。

 

この手の大人向け商品は、遊びやすさやコストを重視して簡略化することが多いボーイズに比べ形状再現が優先事項で(だから高コスト)、どうしても可動箇所にムリはつきもの。

 

それにしたって一昔前に比べれば設計技術・ノウハウも向上して、精密機械に及びべくもないけど玩具としては異例のハイスペックな仕様ではあります(だから高コスト)。

 

もちろんバンダイさんは他社に比べても数段高度な量産品質・耐久性の確保をしていますし、抜き取りチェックもしているのでしょうが、販売商品全点を細かく検査するわけにもいかないだろうし、何処かに妥協点を見つけなければなりません(だけど高コスト)

 

こちらとしても別にクレームを言いたいわけではなく、ただただ純粋に楽しく遊べることが希望なので、我々の注意一つで回避できる問題はどうにかしたいものです。

 

というわけで、今後ご購入される方・もしくは購入済みの方に少しでも参考になれば幸いです。

 

過去記事

 

 オススメ


広告を非表示にする